本文へスキップ

「Q1.0住宅」「断熱耐震同時改修」を山形に広める 新住協山形支部

新住協山形支部のホームページへようこそ。
家づくりにお役に立てる情報をお知らせしています

「新住協(新木造住宅技術研究協議会)」で建築理論・技術を学んでいる私たちは、山形に快適で省エネな住宅を推進するため『Q1.0住宅』『断熱耐震同時改修』に取組んでいます。

『Q1.0住宅』とは、一般的な高断熱高気密住宅の暖房エネルギー消費量がおよそ30%で済む住宅です。
(『Q1.0住宅』をもっと知りたい方は こちら

『断熱耐震同時改修』とは、既存の住宅を高断熱高気密住宅に断熱性能を向上させるだけでなく、耐震性能も同時に改善するリフォームを言います。Q1.0住宅まで性能を高めることも可能です。
(『断熱耐震同時改修』をもっと知りたい方は こちら

他にも、住宅に関する情報がこのホームページにございますので、ご覧いただければ幸いです。

お知らせtopics

今年は「燃費400ℓで暮らす家」でキャンペーン  


私達が行っている『Q1.0住宅』を山形に広める活動も今年で3年目。
今年のキャッチコピーが決まりました。
『Q1.0住宅』を判りやすくするため、暖房燃費を具体的に表現しました。
年間400ℓで暮らす家の仕様は、近直公開いたします m(__)m



冬こそ実感!高断熱住宅見学会



2月6日(土)7日(日) 10:00~16:00(両日共)

「最新の住宅は、どの家も快適なのでは?!」
と、思っていませんか。
残念ながら、そうとは言えません。是非、下記の会場でご体感ください。

Q1.0住宅見学会場(上山市)
会場案内はコチラ → Q1.0会場
問合せ先       コルポ建築設計事務所 電話023-625-1778

断熱リフォーム見学会場(山形市)
会場案内はコチラ → 断熱リフォーム会場
問合せ先       ㈲三浦建築      電話 023-644-4231


やまがた県民住宅セミナー    終了しました
1月30日(土) 「燃費400ℓで暮らす家」徹底解説



山形県産業創造支援センター
(山形市松栄1丁目3-8)14:00~16:00

一般的な高断熱住宅は、年間で灯油の場合 約1,000Lを暖房で消費する
(山形市の気象条件)そうです。

新住協では、その半分以下で賄える「燃費400ℓで暮らす家」の『Q1.0住             宅』を広めようと活動しています。
             どうすれば「燃費400ℓで暮らす家」ができるのか?
             その理由を具体的に、わかりやすく鎌田紀彦先生(写真)が話されます。
             この機会に、ぜひお越しください。

「テレビ住宅セミナー」のご案内  終了しました
YBC 1月24日(日)14:30~15:00



「高断熱住宅はどれも同じ」だと思っていませんか?
高断熱住宅は、常に進化しています。
進化し続けている「高断熱住宅」の今、をご覧ください。
低燃費で快適に暮らす家『Q1.0住宅』の紹介と、お住いの方のお話しも
ご覧いただけます。最後に「イベント」のお知らせもございます。
                是非、最後までご覧ください m(__)m (録画もお勧めデス)

「エコ住宅基礎講座」のご案内

   終了しました

「住まいの温暖化対策やまがた協議会」主催で、市民向け基礎講座を開催します。
事務局長の会沢さんが「快適な住まいづくりに成功した色々なお話」と題して、
高断熱住宅についてわかりやすくお話しいただきます。

平成28年1月16日(土)13:30~15:00  山形エコハウス(上桜田3-2-37)

ご希望の方は「NPO法人環境ネットやまがた(023-679-3340)」へお申し込みください。定員30名程度ですので、お早めに。

 

新着情報news

2016年1月11日
明けましておめでとうございます。「TOPICS」を更新しました。
2015年9月22日
「トップページ」「TOPICS」を更新しました。
2015年8月16日
「支部活動報告」を更新しました。
2015年5月16日
「支部活動報告」を更新しました。
2015年1月26日
「TOPICS」を更新・本年もよろしくお願いいたします。
2015年2月5日
「支部活動報告」を更新しました。
   
新住協事務局連絡先

〒980-0014
仙台市青葉区本町2丁目1-8
第一広瀬ビル1F

TEL  022-796-7501
FAX  022-796-7502

newpage4.htmlへのリンク

newpage6.htmlへのリンク

newpage8.htmlへのリンク